WiMAXモバイルキューブについて

WiMAXモバイルキューブについて

私はWiMAXのモバイルキューブを使用しています。使おうと思った理由はデザインが斬新でルーターっぽくなかったからです。ただ、一つだけ残念なことがあり、そのことが尾を引き、契約から2ヶ月で解約を試みましたが違約金が3万円弱することがわかり、現在も使用しています。解約の理由は通信業界では致命的でもある電波です。これはWiMAXのせいなのかモバイルキューブが悪いのかわかりませんでした。私はそのことに納得がいかず、自分で調べることにしました。WiMAXでは1週間レンタルを行っていますのでレンタルし、そのレンタルした端末がWM3600Rという端末でした。やぼったいデザインでしたが電波はすんなり入り非常に使いやすいものでした。モバイルキューブはデザインが良いので電波が悪かったことが残念でした。後からわかったことですがWiMAXは鉄筋のコンクリートに電波を遮断されることが多いみたいです。次の引っ越す際には団地、マンション、現地調査も含めWiMAXの1週間レンタルを駆使し、しっかりとした買い物をしたいと思います。

隣人愛を押し付けるよりも

私の学生時代は通っていた学校が、と言うか住んでいる地域が修学旅行で海外に行く方針じゃなかったのでしょう。
中学校の時の行き先は東京、高校では京都でした。
海外に修学旅行に行く言うのはうらやましいとも面倒とも思えない、ちょっと想像の埒外の出来事でした。
まあ高い積立金を払ってわざわざ罵倒されるため韓国に土下座行脚させられる可能性を考えたら、国内でよかったですけど。
今にして思えば、ですけどね。

 

さて、修学旅行先に韓国を設定していたのが生徒本人や生徒の親などの反対で、行き先の変更を余儀なくされるケースが非常に増えているそうです。
直接の原因は言うまでも無くセウォル号沈没事故と言う悲劇です。
杜撰を通り越して何も考えていない、管理や運営と言う言葉で呼ぶ事すら憚られる組織や社会としての酷さがあの事故を起こし、
そして絶望の結末を指をくわえてみている事しか出来ない最後を招いた事がすっかり広まりましたからね。
生徒を送り出す先としての安全性の信頼が、ゼロになったのです。

 

そしてこの事故を起爆剤として、以前から国としての反日を崩さない韓国に対してのマイナス感情が噴出した事も否めないでしょう。
まあ、命の危険を冒してまで隣人愛を生徒に押し付ける学校に対する不満もなんでしょうけど。

涙もろくなるのも悪くはない?

 わたしは、最近、妙に涙もろくなっています。例えば、テレビを見ていて、芸能人が、ラブマッチで、好きな人に告白して、うまくいった時、別にその人のことを何も知らなくても、流している涙を見て、もらい泣きをしてしまったり。
 あと、ドラマでも、主人公に感情移入してしまって、泣いてしまったり。
 昔は、こんなに泣けなかったはずですが、歳のせいか、人の涙を見て泣いてしまうことがよくあります。
 一緒に映画を観ていても、涙を流しているところを見られたくなくて、なかなか映画館から出られなかったり。本当に、歳を感じて恥ずかしいです。
 でも、何かの番組で、「涙もろいことは、いいことだ。」といっているものを見て納得したのを覚えています。
 その番組によると、「人は歳を取るほど、涙もろくなる。しかし、それは、自分がそれだけ、長く生きている分、経験も積んできているので、他人の感情に移入しやすくなるからだ。」ということでした。
 なるほど、経験がなければ、同情も共感もないはずです。でも、長くいきていれば、それぞれいろんな、喜怒哀楽を経験します。ですので、他人を見て、自分の感情と照らせ合わせやすくなるのでしょう。自分は、「優しくなった。」と思えばいいのです。
 そう考えると、涙もろいことは、決して、悪くもなく、恥ずかしくもないと思えてきました。